ふりそでもりの 成人式振袖コラム
振袖に関するお悩みを解決!お役立ち情報満載のコラムです。
着付け

振袖で個性的な着こなしをするには?アイテムやポイントを紹介

一生に一度の成人式ですから、なんとなく周りと似たようなスタイルは避けたい、自分の個性を感じられるスタイルにしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは、振袖で個性的な着こなしをするためのポイントや、取り入れたいアイテムを紹介します。普段着ることがない着物でも1ポイントこだわるだけで一気に個性的で垢抜けた着こなしに!

個性的な振袖を選ぶ

ほかの人とはかぶらないような振袖を選ぶことが個性的な着こなしをするための近道です。振袖の印象を決めるのは色と柄です。特に振袖の柄には伝統があり、ハレの日をお祝いしてくれるようなおめでたい柄が多いでしょう。ですが、最近は伝統にとらわれない柄も多くあります。

また、振袖は多くが正絹で作られていますが、絞り染めで作られていたり、海外の素材で作られていたり、振袖の素材もさまざまです。

振袖は伝統的なものではありますが、トレンドもあります。例えば、お母さまやお姉さまが成人式のときに着たママ振、姉振を選ぶのも、1つの方法です。

まずは、いろいろなお店のカタログを見たり、振袖のイベントに出向いたり、インターネットで検索してみるなど、多くの振袖をチェックしてみましょう。

振袖の柄や素材など、着目点はいろいろありますが、一番大切なのは「自分が気に入った振袖」であることです。自分が気に入った振袖であれば、個性が出しやすくなります。

成人式の振袖の選び方とは?そのチェックポイントを解説成人式の振袖はどのように選べばいいのでしょうか?振袖は身長・体型・肌色などを見ながら選ぶと自分に似合う1枚を選べます。振袖の選び方のポイントをご紹介します。...

個性を演出できる振袖アイテム

振袖姿の印象を決めるのは「振袖」だけではありません。振袖を着るには、さまざまなアイテムが必要です。そのアイテムを工夫するだけでも個性的な着こなしになります。

個性的な着こなしをしやすい振袖アイテムを紹介します。

半衿

半衿は本来、着物が汚れないようにするためのアイテムで、素材もシンプルなものでしたが、最近は色や柄も豊富で、振袖姿をおしゃれに演出できるものが増えてきています。ただし、半衿は着物のすぐ近くにあるものなので、あまり奇抜なものや色が合わないものを選ぶのはおすすめできません。振袖とのバランスも考慮して選びましょう。

重ね衿

いつもとは違う重ね衿をプラスするだけでも個性を演出できます。フリルやレースが付いているもの、パールをあしらったものなど、おしゃれな重ね襟が多くあります。カラーも豊富なので、自分らしい重ね衿を選んでみましょう。また重ね衿につけられるクリップなどもあるので、チェックしてみて。

振袖の重ね衿とは?選び方は?種類や選び方のコツを紹介振袖には重ね衿がありますが、選び方にはコツがあります。重ね衿の役割や半衿との違いと併せて、重ね衿の種類や選ぶ際のコツについて説明します。...

帯揚げ

成人式で振袖に合わせる場合、総絞りの素材のものが多く、ふdっくらと結ぶのが主流です。しかし、現在では、ちりめんやレース素材、刺しゅうやラメが入っているものなど、さまざまな素材・デザインのものがあります。衿周りの目立つ位置にありますので、帯揚げにこだわるだけでも個性を発揮できます。

振袖は帯締めの選び方で印象が変わる!おすすめの選び方や結び方振袖を着る際に重要な帯締めですが、そもそも帯締めとは何でしょうか。その役割や種類、選び方とともに結び方のアレンジについても紹介します。...

しごき

しごきは、七五三や花嫁衣裳のときに使うもので、帯の下に巻くアイテムです。現在では着物はおはしょりを作って着るため、着物は引きずりませんが、もともと着物は裾を下ろして着るもので、その裾をたくし上げるためのアイテムがしごきです。

振袖を着る際にはあまり、しごきは使わないのですが、最近は装飾用のアイテムとして使う人が増えてきています。振袖の柄に合わせてレース素材やベルベット、絞り、ちりめんなど、いろいろな素材、カラーのものがあります。結び方も工夫してみると、より個性的な着こなしができるでしょう。

振袖は小物の選び方が重要!コーディネートを決めるアイテムと選び方振袖には帯以外にもさまざまな小物があり、その選び方次第でコーディネートが大きく変わります。振袖姿の雰囲気を左右する振袖小物の役割と選び方について解説します。...

足元から個性的に

振袖を着るときは通常、草履を履きますが、違うアイテムを合わせる人も少なくありません。振袖に合わせられるアイテムを紹介します。

ブーツ

最近、定着しつつあるのが振袖にブーツを合わせるコーディネートです。ブーツを合わせる際には、振袖の着付は少し短めにした方が似合います。

ぽっくり下駄

ぽっくり下駄とは、舞妓さんが履くような高い下駄のことです。舞妓さんが着るような伝統的な色・柄の振袖に似合います。

洋装のアイテムをプラスする

普段、洋服を着るときに使っているアイテムを合わせると個性的な着こなしを作りやすくなります。振袖と合わせやすい洋装アイテムの代表的なものをご紹介します。

ベレー帽や手袋

レトロ柄の振袖に良く似合うのがベレー帽や手袋です。特にベレー帽は髪型と合わせる必要があるので、個性的な着こなしをしやすくなります。

また、手袋は普段使っているような革素材のものよりも、カシミヤやレースといった上品さをプラスできる素材を選ぶのがおすすめです。

ピアスやイヤリング

髪飾りやバッグにあわせたピアスやイヤリングを付けるのもおすすめです。かつて着物を着るときは、アクセサリーは付けないというのが当たり前でしたが、今ではあまり関係なく、ピアスやイヤリングで個性を演出している人もたくさんいます。

自分の気に入ったアイテムを使うことが大事

個性的な振袖の着こなしをするには、ただ他の人とは違うアイテムを選べば良いというわけではありません。たくさんの振袖の中から、自分が最も気に入った振袖を選ぶこと、そしてその振袖に合った小物を選ぶことで、自分の「好き」が詰まった振袖姿になります。そして、その自分の「好き」が個性に繋がっていくのではないでしょうか。まずは、さまざまな振袖、小物をチェックしてみてください。

正統派古典柄から最新のレンタル振袖
『1200着』を揃える振袖レンタルショップ

ふりそでもりの

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求

フリーダイヤル0120-838-808

(営業時間 10:00 – 17:00)

       バナー画像