成人式の振袖選び

成人式は振袖にブーツもおしゃれ!草履・ブーツ等足元の着こなし別靴の選び方

成人式って振袖姿で靴はどうするの?成人式の振袖に合わせる履きものの悩みに、定番の草履やブーツの選び方を振袖レンタル&前撮りの【ふりそでもりの】が解説します。

慌ただしい成人式式典当日や前撮りで失敗しない・痛くならない履き物選びや、王道&モダンなトータルコーディネート例も紹介するので、新成人の方は参考にしてみてください。

成人式で靴は何を履く?振袖にブーツ・草履…足元で着こなしが変わる新成人コーディネート

草履

振袖など着物に合わせる靴と言えば草履です。草履とは、底に歯が無く平らな素材に鼻緒を通したものを言います。ただ和装に合わせる履物の中でも特に女性ものを草履と呼ぶことが多いです。草履の色は黒・赤・白が定番。金など珍しい色も存在するので、着物の色や柄に合わせて選びましょう。

和装に合わせる靴と言えば草履以外に下駄や雪駄がありますが、基本的には草履が無難です。下駄は木の板に穴を空けて鼻緒を通したもの。どちらかと言うとカジュアルな場面で選ぶもので、カラカラ音が鳴ってしまうのでフォーマルな場で下駄を履くのはおすすめしません。次に雪駄とは、形は草履と同じで表の皮が竹などで編まれたものを言います。草履と共通点が多く、実際に雪駄は草履の1種と言えますが、一般的には雪駄は男性用で底が薄く、草履は女性用で底が厚いものです。

草履を選ぶメリットは、底が厚くて高さを出せる点でしょう。振袖はどうしても足が隠れてしまううえに腰の位置がわかりにくいことから、振袖でスタイル良く見える人は限られるもの。そこで草履で高さを出せばスタイルアップして特に全身での見栄えが良くなります。ただ、草履は足袋の上に履くのが基本です。成人式の時期は冬なので、足袋だけでは寒いですが、防寒用のカバーを上からかけると見栄えが悪くなってしまうでしょう。また、草履は歩きにくいのも難点。鼻緒で支えて歩くので、長時間草履で歩くと疲れますし、指が痛くなってしまうことも想定する必要があります。

ブーツ

振袖に合わせた礼装として正しいのは草履ですが、成人式がある冬は寒いので、現代では振袖にブーツをあわせる人も多いです。ブーツならしっかり足が覆われるので防寒対策として適していますし、ハイカラな印象も持たせられるでしょう。また、成人式の服装は多様化が進んでおり、ブーツなら帽子や手袋などの小物と合わせてより個性的なおしゃれも楽しめます。

ただブーツは合わせられる色や柄が限られてしまうのが難点です。特に古典的な柄の場合、ブーツは基本無地なので地味な印象になりやすい傾向があります。そのため、小物を取り入れるなど工夫が必要です。

スニーカー

とにかく歩きやすさを最優先したいならスニーカーという選択肢もあります。スニーカーの場合ヒールが無く歩きやすいのが大きなメリットでしょう。ただスニーカーはカジュアルすぎて一般的なスニーカーでは見た目が悪くなってしまいます。現代では着物に合わせる目的でデザインされた和柄のスニーカーも多く登場しているので、そのようなデザインを選びましょう。

ローファー

スニーカーよりもフォーマル感を出したいけれどもスニーカーはカジュアルすぎると感じるならローファーも選択肢に入れると良いでしょう。ローファーならブーツ同様ハイソでかわいらしい印象を演出できます。ただ成人式のような式典に参加する際の靴にはふさわしくないと感じる人もいるので、移動のときのみなど式典用に草履やブーツを別に用意するのがおすすめです。

定番だからこそおしゃれに!成人式振袖の草履の選び方・合わせ方

草履はカジュアルなものとフォーマルなものの2つに大きく分けられます。中でも、特に成人式のような式典にふさわしいフォーマルなものは、台の高さが5cm以上と高めで、金など光沢のある色・デザインのものです。

草履のデザインの決め方

草履は派手めなデザインからシンプルなものまで幅広く用意されています。そこで草履を選ぶにあたっては、振袖の色や袖の柄を基準に選ぶ人が多いです。柄物の場合は柄に合わせた草履を、落ち着いた色の振袖の場合は、金色など派手めな草履でアクセントをつけると良いでしょう。また、着物をレンタルする場合には、バッグなど小物と一緒にレンタルできるケースもよくあります。この場合は小物との統一感を意識して草履を選ぶのもおすすめです。

草履を履くときの注意点

草履は普通の靴よりもサンダルに近いもので、雨の日に履くと足元が濡れてしまいます。そのため、万が一に備えて雨草履や草履カバーを用意しておきましょう。また、草履は普段履き慣れていないことから、当日に足が疲れてしまう人も多いです。疲れ対策としては、事前に試着して足に合ったものを選ぶと良いでしょう。ちなみに草履は普通の靴と違ってやや小さめが良いとされています。また、傾斜が付いているものだと鼻緒との摩擦が起こりにくいので、歩きやすさを重視したいなら傾斜が付いた草履を選ぶのがおすすめです。足袋も自身の足のサイズに合ったものを選びましょう。

草履にないメリットも?成人式振袖で失敗しないブーツの合わせ方と注意点

ブーツも今では成人式の振袖に合わせる定番の靴となっています。ブーツに関しては、着物が派手なデザインならダークブラウンなど落ち着いた色でシンプルに、逆に着物がシンプルなデザインなら個性的なデザインのブーツをアクセントにするのがおすすめです。

ブーツを振袖に合わせる際の注意点・ポイント

ただブーツを振袖に合わせるだけだといつもと服装が異なる故に不便を感じたり、見栄えが悪くなったりと失敗してしまうことがあります。振袖を着るといつもよりしゃがみにくくなるでしょう。そのため、振袖に合わせるブーツのデザインは、横にファスナーが付いているなど、脱ぎやすいものを選ぶのがおすすめです。また、ブーツを履く際は裾丈も意識したいところです。理想的なブーツの長さは、着物の裾から足が見えない程度の長さ。これならしっかりブーツが見えるので、着物とブーツのコントラストをしっかり楽しめます。

神奈川の成人式振袖レンタル&前撮りはふりそでもりのへ

横浜・鎌倉・川崎の成人式振袖レンタル&前撮り【ふりそでもりの】では、正統派の古典柄振袖からモダンな新作着物まで1,200着以上の振袖がレンタルできます。成人式当日の振袖レンタルはもちろん、自社運営スタジオで着付け・ヘアメイク込みの前撮りもできるので成人式の準備ならまとめておまかせ。

さらに、会食付きの家族と祝う成人式プランやママ振袖の持ち込み割引も人気です。

成人式振袖レンタル・写真撮影プラン|ふりそでもりの(横浜・川崎)

正統派古典柄から最新のレンタル振袖
『1200着』を揃える振袖レンタルショップ

ふりそでもりの

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

振袖カタログ・資料請求

この記事を書いた人

ふりそでもりの
ふりそでもりの

成人式振袖レンタル&前撮りの【ふりそでもりの】は神奈川県横浜市に本社を置くモリノブライズ株式会社の振袖・卒業袴レンタル専門ブランドです。婚礼衣装、振袖・卒業袴、七五三衣装など貸衣装を中心に、1950年の創業以来20万組以上のお客様の晴れの日のお手伝いをさせていただきました。
ふりそでもりのでは1,200着以上の豊富なレンタル振袖と自社運営の写真スタジオで、新成人のお客様の一生に一度の晴れ舞台をトータルプロデュースいたします。プロの着付け師・プロのフォトグラファー・プロのヘアメイクアーティストが皆様のお越しをお待ちしております

注目の成人式振袖コラム

       バナー画像