ふりそでもりの 成人式振袖コラム
振袖に関するお悩みを解決!お役立ち情報満載のコラムです。
着付け・ヘアメイク

振袖にあう髪飾りは?選び方のポイントや種類を解説

振袖を着たときに付ける髪飾りを選ぶのは、振袖を選ぶタイミングとは異なるため、意外と後回しにしがちですが、髪飾りはヘアスタイルと併せて振袖姿をオシャレに、そして個性的に演出してくれる最高のアイテムです。じっくりしっかり選びたいものです。でも実際振袖を着る機会は成人式以外には少ないので「振袖にあう髪飾りにはどのようなものがあるのかな?」「どうやって選んだらよいのだろう?」と疑問をお持ちの方も多いと思います。ここでは髪飾りの種類や選び方のポイントについて紹介します。

振袖にあう髪飾りの種類

振袖に合わせる髪飾りは、伝統的なものから現代風のものまで、いろいろなデザインや種類があります。用いられる素材も様々。まずはどのようなアイテムの髪飾りがあるのかについて、紹介します。

生花

生花や造花を髪飾りにする場合は、選ぶ花によってイメージが変わってきます。例えばユリならゴージャスなイメージで、黒や青系などクールな色の振袖に合わせやすいでしょう。まん丸でかわいらしいピンポンマムなら、赤や黄色など振袖、レトロモダンな柄によく似あいます。ほかにもガーベラやバラ、胡蝶蘭などが人気です。生花は季節によって出回る種類が違うので、前撮りや本番で違ったお花にするという楽しみ方もできますね。生花を髪飾りにする場合は、職人さんに作ってもらうのが一般的です。

造花

造花で作った髪飾りも人気です。造花は生花ほどデリケートではなく、匂いがすることもありませんし
気に入った完成品を購入すれば付けたいイメージそのままで付けることができます。また美しい形をそのまま残しておける良さもあります。何かのシーンで髪飾りとして使う、インテリアとして飾っておくこともできます。生花よりもバラエティに富んでいるので、自分で好きな花を好きな色で作ったり、キットなどを購入してオリジナルの髪飾りを作ることもできます。

ドライフラワー

ドライフラワーは、生花から水分と鮮やかさを抜いて作るため、独特のアンティークな趣があり、生花に比べ落ち着いた色合いが多いため、大人っぽい雰囲気を作ることができます。自分で作ったり、花屋さんに作ってもらうなど、オリジナリティを出せるアイテムでもあります。

リボン

リボンはレトロモダンなイメージを作りやすい髪飾りです。振袖だけではなく袴に合わせることもできます。リボンの色や素材、大きさで雰囲気を変えることができるので、生花やドライフラワー、かんざしなどのアクセントとして添えるのもおすすめです。リボンをメインにするのであれば、レースやチュールなどと組み合わせるとキュートな雰囲気になります。またショートやボブなどのヘアスタイルの方にはカチューシャタイプも良く似合います。

つまみ細工

つまみ細工とは小さな布を折ったりつまんだりして花鳥風月を作る、江戸時代から伝わる伝統工芸です。舞妓さんの髪飾りにもよく使われており、和服を着た際の王道の髪飾りといえます。クラシックで古典的な落ち着いた印象ですが、デザインによってはモダンなイメージ、かわいらしい雰囲気、クールな印象にもなります。

かんざし

和服の王道ともいえるかんざしはシンプルですが存在感は抜群です。清楚な髪形にあわせれば古典的で上品なイメージに、モヒカン風のスタイルにあわせればクールなイメージになるなど、髪形に合わせた雰囲気を作ることができます。また、生花やつまみ細工など、ほかの髪飾りと合わせて使うなどのアレンジもできます。

ハンドメイド

生花やドライフラワー、つまみ細工などを使ってオリジナルの髪飾りを作ることもできます。とくにつまみ細工は、キットも販売されています。周りとはかぶらない髪飾りを付けたい場合は、そうしたキットを利用して、自分だけの髪飾りを作るのも一つの方法です。成人式の記念としてとても良い思い出になります。

振袖にあう髪飾りを選ぶためのポイント

髪飾りにはいろいろな種類があり、選ぶアイテムによってイメージが変わります。また、どのような髪飾りを選ぶにしろ、色の選び方も重要です。続いては、実際にどのような髪飾りを選ぶべきか、そのポイントについて説明します。

振袖や帯の色・柄にあわせる

振袖を着たときの小物選びは「振袖の色・柄にあわせる」のが王道です。これは髪飾りに関しても同様で、振袖のベースな柄の色、帯、帯締め・帯揚げの同系色にするのか、または差し色にするのか、を考えると全体のバランスが整います。差し色の髪飾りを考えの場合は色のトーンを統一するとよいでしょう。

なりたいイメージにあわせる

振袖の色柄はもちろんですが、その振袖を着て、どのようなイメージになりたいのかも、髪飾り選びの重要なポイントです。モダンなイメージなのか、キュート系か、清楚な雰囲気なのか、髪飾りも全体の印象を決めるためのアイテムのひとつですから、振袖を着た時のイメージに近づけられるような髪飾りを選びましょう。髪飾りはお顔の一番近くにきますので、自分の好きな雰囲気のもの、付けたいものを選ぶと気分もグッとあがります。

髪飾りはいつ選べば良い?

例えば成人式に振袖を着る場合、成人式の1年以上前に振袖を選ぶ傾向にあります。髪飾りも、振袖選びの際にトータルコーディネートして、お店のプロに一緒に見てもらうと決めやすい、というメリットがあります。一方では、成人式までに髪の長さも変わりますし、メイクも「こうしたい」というイメージが変わることもあります。いずれにせよ遅くとも成人式の一か月前くらいまでには準備しておくことをおすすめします。成人式の前には人気の髪飾りが不足がちになったりすることもあります。もちろん、前撮りをする場合は、撮影日の数日前までに準備が必要です。

見落としがちだけど、振袖を着るときにとても重要なのが髪飾り

振袖の準備に追われてつい後回しにしてしまいそうなのが髪飾りですが、実は振袖や帯と同じくらい、振袖姿の印象を決める重要なアイテムの一つです。髪飾りは髪型やメイクによっても選び方が変わってきますので、振袖の準備を具体的に始めるときまでに、ある程度「自分がなりたい、したい成人式」のイメージしておくと、どのようなヘアスタイルやメイク、どのような髪飾りにしたいかも分かってきます。
振袖選びと同様に、髪飾り選びにもこだわって、理想の成人式当日を迎えてください。

正統派古典柄から最新のレンタル振袖
『1200着』を揃える振袖レンタルショップ

ふりそでもりの

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求

フリーダイヤル0120-838-808

(営業時間 10:00 – 17:00)

       バナー画像