ふりそでもりの 成人式振袖コラム
振袖に関するお悩みを解決!お役立ち情報満載のコラムです。
着付け・ヘアメイク

帯締めが飾り付きの時の結び方は?帯締めの飾りの種類も併せて紹介

帯締めは、着物を着たときの帯の上から結ぶ紐のことで、帯を固定する役割を持っています。帯締めは体の中央部分で使用するため目立つアイテムです。着物全体をコーディネートする上でも重要な役割を持ち、着る人の個性を表現してくれるアイテムといっても過言ではありません。帯締めにはいろいろな素材や種類、デザインがあります。結び方にもいろいろとバリエーションがありますが、この帯締めに飾りを付けることもできるのです。ここでは帯締めに付ける飾りの種類や飾りを付けたときの結び方、アレンジ方法などについて説明します。

帯締めに付ける飾りは帯留

帯締めにつける飾りは「帯留」と言います。もともと帯締めは、帯を固定するためのバックルのような役割を果たす実用品でした。明治時代に入って洋装文化が取り入れられると、ドレスにジュエリーをあわせるような感覚で帯締めに装飾として帯留を付けるようになったと言われています。現在では装飾用として紐に通して付けるものが主流です。素材もモチーフもサイズも、実にさまざまな帯留があり、着物を着た際のコーディネートアイテムのひとつとなっています。

帯留めを付けた帯締めの結び方

帯留にはいろいろな形状のものがありますが、一般的には帯締めに通すためのリング状の金具がついています。他にも金具ではなくてゴム素材のものもありますし、大きなビーズ(玉)のようなデザインものはそれ自体に帯締めを通す穴があるものも。それぞれ帯締めに通せるように作られています。素材もアクリル製やガラス製、更にはジュエリーとして貴金属で作られたものもあります。つけたい帯留が帯締めに付けられるかどうか、事前に確認するようにしてください。尚、帯留を付けたからといって、帯締めの結び方が大きく変わることはありません。

帯留を帯締めに付ける

帯留を帯締めに通します。上下の決まっているものはその通りになっているか注意して通してください。その際には、帯締めの端を結んだり、帯留をクリップなどで固定したりして、帯締めを結んでいる間に帯留を落としたり、帯締めを結ぶときの邪魔にならないようにします。

帯締めを結ぶ

帯の上から帯締めを結びます。帯留は平らな形をした帯締めに付けることが多いですので、紐がねじれたりしないように注意して結びましょう。帯締めの基本的な結び方は「本結び」です。この本結びをアレンジした結び方がいろいろあります。

帯締めの結び方の例

  • 寿結び
    本結びの紐の流れを下から上に向けた結び方。結婚式や成人式などおめでたい席に向きます。
  • 藤結び
    帯締めを交互に重ねた結び方です。色違いで結ぶと華やか印象を与えます。
  • 華ぶさ結び
    本結びの後、左右の紐で蝶結びにした結び方です。こちらもかわいい印象になります。

振袖は帯締めの選び方で印象が変わる!おすすめの選び方や結び方振袖を着る際に重要な帯締めですが、そもそも帯締めとは何でしょうか。その役割や種類、選び方とともに結び方のアレンジについても紹介します。...
振袖は小物の選び方が重要!コーディネートを決めるアイテムと選び方振袖には帯以外にもさまざまな小物があり、その選び方次第でコーディネートが大きく変わります。振袖姿の雰囲気を左右する振袖小物の役割と選び方について解説します。...

帯締め自体に飾りがついている飾り帯締め

帯締めは、帯留のように後付けで装飾品を付けられますが、帯締め自体に飾りがついているものは、飾り帯締めとも呼ばれます。特に振袖と合わせる帯締めには飾り帯締めが人気です。飾り帯締めにはどのようなものがあるのか、いくつかご紹介します。

トンボ玉が組み込まれた飾り帯締め

組紐のように、細い紐を組んで作られた丸打ちの帯締めに、カラフルなトンボ玉を組み込んでいる飾り帯締めです。さまざまな種類や色がありますので自分の表現したいイメージのものを見つけるのも楽しみになります。振袖姿に華やかな印象を加えてくれます。

パールが組み込まれた飾り帯締め

トンボ玉と同じようにパールが組み込まれた飾り帯締めです。ワンポイントのものや数か所にちりばめられたものなど多くの種類があります。トンボ玉とはまた違った華やかさがあり、振袖姿にエレガントな雰囲気をプラスしてくれます。

組紐などで花飾りを作った飾り帯締め 

組紐などで帯締めの途中に花飾りを作っている飾り帯締めです。花飾りのサイズによっては、存在感があり、振袖姿を引き立ててくれます。花飾りにパールやトンボ玉を組み込んで華やかにデザインされているものもあります。

つまみ細工を編み込んだ飾り帯締め

つまみ細工とは、ちりめん生地で作った飾り細工のことで、江戸時代から伝わる伝統工芸品です。このつまみ細工を編み込んだ飾り帯紐は華やかさと同時に、繊細なイメージもプラスしてくれます。また、つまみ細工は、帯留として使われることもあります。

多色で作られた飾り帯締め

多色の組紐を使って作られている飾り帯締めです。カラフルなものからアンティークな印象のものまで多くの種類があります。結び方にアレンジすることで、花飾りを付けた飾り帯締めのような存在感のある結び方ができます。

帯締めのコーディネートが振袖姿の印象を決める

帯締めは一本の紐ですが、振袖姿の印象を決める重要なコーディネートアイテムのひとつです。帯締め自体にもさまざまな素材や形、色があり、振袖だけではなく、着物や浴衣を着るときにも使います。結び方もいろいろなアレンジができるので、振袖を着る方の個性や想いまで表現することができます。さらに帯留を使えば、華やかなイメージからかわいい雰囲気まで、なりたい自分の理想の振袖コーディネートが可能です。成人式当日、お友達との話題にもなりますね。飾り帯締め、帯留を上手に使って、素敵な成人式を楽しんでください。

正統派古典柄から最新のレンタル振袖
『1200着』を揃える振袖レンタルショップ

ふりそでもりの

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求

フリーダイヤル0120-838-808

(営業時間 10:00 – 17:00)

       バナー画像