ふりそでもりの 成人式振袖コラム
振袖に関するお悩みを解決!お役立ち情報満載のコラムです。
成人式の準備

振袖は小物の選び方が重要!コーディネートを決めるアイテムと選び方

振袖を始めとする着物を着るときは、小物が多いのが特徴です。振袖と帯のコーディネートはもちろんですが、そこに加わるたくさんの小物も重要なポイントになってきます。そこで、振袖のコーディネートに重要な帯に加え、小物を5つ、それぞれの役割と選び方について解説します。

帯の役割と選び方

振袖は色と柄がポイントになってきます。同じ色の振袖でも、柄が変われば雰囲気も大きく変わります。そこに締める帯は振袖とともに全体のイメージを決めます。特に後ろ姿は帯結びがポイントになるので重要なアイテムと言えます。

帯の役割

着帯の役割は着物を押さえるために腰に巻くものですが、現在は華やかな帯結びなどが進化し、コーディネートにメリハリをつけ、振袖のイメージを強調する役割もあります。

半襟の役割と選び方

半襟(半衿)は長さ約1~1.1m、幅は15㎝程度の布。着物の下に着る長襦袢の襟に縫い付けて使います。もともとは、肌に直接触れることで付く、化粧や汗などによる汚れを防ぐ役割でした。白無地がオーソドックスですが、明治以降には着物着想のオシャレアイテムの一つとして、大正から昭和にかけて趣向を凝らした半襟が作られるようになりました。振袖には刺繡などがあしらわれた華やかなデザインが人気です。

半襟の役割

顔に最も近いアイテムなので、着物のコーディネートと顔映りのバランスを整えてくれます。着物の胸元を華やかにしたり、引き締めたりする効果が期待できます。

重ね襟(伊達襟)の役割と選び方

重ね襟、または伊達襟とも言います。裏地付きの二重仕立てで、長さ約1.2~1.3m前後、幅は10~12cm程度でできています。華やかさを演出する役割で付けるのが一般的です。あくまでも重ね襟は飾りなので、付けなくても着付けに影響はなく、コーディネートによってはあえて付けない事もあります。重ね襟は半衿の着物の襟の間に見えるもので、付け方は着物や長襦袢に縫い付ける方法や、専用のピンで取り付けるなどさまざまな付け方があります。
重ね襟はつけなければだめ、というものではありませんが、せっかくの「振袖で成人式」という晴れやかなシーンです。入れたほうがより華やかで良いでしょう。

重ね襟の役割

半衿と同じく、着物の胸元を華やかに見せてくれます。着物を重ね着しているように見せてくれます。振袖などのフォーマルな着物に付けるのが一般的であり、色を増やすことで華やかさをプラスしてくれます。

帯揚げの役割と選び方

帯揚げは帯枕を隠して、最終的に全体のバランスを整えるものです。選び方次第で振袖コーディネート全体のバランスや雰囲気を変えることができるアイテムです。

帯揚げの役割

帯揚げは帯の形を作る帯枕を隠す役割があります。振袖など若い女性が着るときは、華やかに見えるようにふっくらと大きく結びます。それ以外では、あまり見えないように帯の中へしまうように結びます。着る人やシーンによって帯揚げの結び方も違いが出てきます。
成人式の振袖に合わせるのは絞りの帯揚げなど、ふっくらしたデザインのものが多いようです。帯揚げには帯枕を隠すという役割もあります。

帯締めの役割と選び方

帯締めは帯揚げと同じく、最終的に振袖のコーディネートのバランスを整えるものです。同じ振袖と帯でも帯締めを変えるだけで雰囲気がガラッと変わることも。また帯締めには平らになるように紐が組まれる「平打ち」、丸く組まれている「丸打ち」、四角い形で組まれている「角打ち」、布や綿などを丸く包んで作られた「丸ぐけ」の4種類があります。

帯締めの役割

飾り紐として振袖に華やかな印象を与えると同時に、帯を固定し着崩れ防止の役割があります。体の中心にくるので、全体のイメージを決めるポイントとなるアイテムです。

草履とバッグの選び方

草履とバックはセットになっているのが一般的。帯地やエナメルなどの素材や柄で選ぶことが多いのですが、最近はブーツを合わせたりする個性的なコーディネートをする人もいるようです。自分にあった草履とバックの選び方のポイントを見ていきましょう。

草履とバッグの選び方

草履とバックは振袖の色や柄などのイメージに合わせて選びましょう。バックは素材や形も様々なものがあるので好みで選ぶといいでしょう。しかし大切なポイントは大きさです。スマートフォン、財布、ハンカチなど必要最低限のものが入るサイズがおすすめ。あまり大きなバックは振袖とのバランスが取れないので、振袖と合わせてコーディネートしましょう。

成人式の振袖の選び方とは?そのチェックポイントを解説成人式の振袖はどのように選べばいいのでしょうか?振袖は身長・体型・肌色などを見ながら選ぶと自分に似合う1枚を選べます。振袖の選び方のポイントをご紹介します。...

小物選びでお気に入りの振袖コーディネートを見つけましょう

振袖の小物は紹介した以外にも、ショールやファー、髪飾り、足袋など、振袖のコーディネートに必要な小物はまだまだたくさんあります。振袖をレンタルや購入する場合はもちろん、ママ振袖や姉振袖で、小物だけレンタルする場合は振袖を持参して、実際に振袖に合わせてみながら選ぶとコーディネートがしやすいですよ。自分だけのお気に入りコーディネートを見つけて晴れの日を迎えましょう。ふりそでもりのでも豊富に小物を取り揃えてあります。

正統派古典柄から最新のレンタル振袖
『1200着』を揃える振袖レンタルショップ

ふりそでもりの

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求

フリーダイヤル0120-838-808

(営業時間 10:00 – 17:00)

       バナー画像