成人式の写真撮影

成人式の前撮りはいつ行うのがベスト?式の当日にも撮影できる?

成人式の前撮りって、いつのタイミングで行なったらいいの?  1年前? 半年前? 夏だと暑いし、日焼けもするから写真に残ってしまうし、やっぱり秋や冬が良いのかな?  家族とも一緒に撮りたいから、みんな集まれる時がいいな…などなど、前撮りを行う時期について、お悩みの方もたくさんおられると思います。そこで「いつ前撮りをするのがベストなのだろう」。また「成人式当日でも撮影はできるのだろうか」など、皆様の疑問にお応えいたします。

成人式の前撮りをいつ行うかを決めるポイント

前撮りを行う時期を決める際、検討ポイントとしては「振袖レンタルの在庫状況」「スタジオ・写真館の混雑状況」「季節や気温」の3つが大切になってきます。以下に詳しく解説しましたので、ぜひご参考にしてください。

ポイント1:振袖レンタルの在庫状況

振袖レンタル商品は、12月ごろより、成人式当日ご利用の方のための準備に入るため、ショールームからメンテナンスセンターに移動することになります。
そして、成人式当日ご利用いただいた後は、クリーニングやメンテナンスを十分に施し、1月中旬にショールームに戻ってきます。したがってこの期間は一時的に、撮影でご利用できる振袖レンタル在庫は少なくなってきます。特に、人気の柄やデザインなどはこの期間(12月ごろ~1月中旬)は選べなくなる可能性が高くなります。

成人式レンタル業務が終わる1月下旬以降ですと、再び豊富なデザインやサイズ、ラインナップから振袖を選んで撮影することができるためおススメです。

1月下旬(成人式の1年前)~3月 ◎

成人式当日の後の1月下旬~3月頃は撮影数も少なく振袖レンタルの在庫が最も多い時期です。この時期にお気に入りの一着を選ぶ方が多くなっております。

4月~6月 ○

新学期・新年度のこの時期も振袖のご利用が少なく多くの在庫から選ぶことができます。

7月~8月 ○

夏休みはご家族皆様で振袖選びを楽しむチャンスでもあります。前撮りで振袖のご利用も多くなることで、ショームームから在庫が出てしまっている時も有るため、撮影で着たい振袖は5月頃までに選んで押さえておくとよいでしょう。

9月~12月 △

スタジオ撮影やロケーションフォトが多くなり、1月下旬~3月に比べると在庫も動いてしまっていることが多くなってきます。12月ごろから成人式当日の準備のため、一時的に在庫が少なくなります。

ポイント2:スタジオ・写真館の混雑状況

スタジオや写真館は、成人式はもちろん卒業式、入学式、こどもの日、七五三など、時期により混雑している場合も有ります。

比較的に空いているのは4月~8月となりますので、この時期はご希望の時間帯で撮影を行いやすくなっております。

1月~3月 △

1月は成人式当日をお迎えの方の準備や応対、後撮り撮影などで混雑している日程も。2月、3月は卒業式の前撮りや当日のお仕度がありますが、日中は空いていてで前撮りに適した時期です。3月下旬になると桜も咲き始めるため屋外ロケーションフォトをしたい方にはオススメの季節です。

4月~6月

空いていて予約も取りやすく最もオススメの時期です。気候も良く、桜や新緑での屋外ロケーションフォトも素敵ですね。ゴールデンウィークなどはご家族が集まれるタイミングにもピッタリ。

7月~8月

予約も空いており、クーラーの効いた涼しいスタジオを貸切に近いカタチで、ゆったりと撮影が行えます。夏休みの割引キャンペーンを行ったりしますのでお得にご利用ができます。屋外でのロケーションフォトは、熱中症対策が必要となる可能性があるので、お店のスタッフにご相談の上ご利用ください。

9月~10月

三の撮影シーズンと重なり店内も混雑しております。この時期に撮影をご希望の方は早めに予約した方が良いでしょう。気候もよく、屋外ロケーションフォトでは振袖が紅葉に映えるので、この時期に撮影したい場合は早めの予約が必要です。

成人式の前撮りはロケーションフォト撮影がおすすめ!出張撮影のメリットや注意点を解説 ふりそでもりの
成人式前撮りはロケーション撮影がおすすめ!屋外出張撮影のメリットやロケーションフォトスポット・注意点を解説成人式の写真撮影・前撮りにロケーションフォト撮影を選ぶ新成人が増加中!着物レンタルの【ふりそでもりの】が屋外ロケーション撮影の特徴や撮影場所・時期を解説します。...

ポイント3:季節や気温

振袖は着物と襦袢を重ねて着用し帯を結んで完成となります。
洋服に例えればブラウスの上に厚手のジャケットを着ているようなイメージです。
したがって、春や秋の気候の良く、過ごしやすい気温の時期には快適に過ごすことができます。

ちょうど桜や新緑・紅葉も美しい季節と合いますので、スタジオから外に出て、季節感のある写真映えのする撮影もおススメです。普段、屋外で活動する部活やサークルに入っている方は、夏の日差しで日焼けをする前に前撮りを済ませておくのも良いお考えだと思います。

真夏は、外で着るには適してはおりませんが、写真館は空いている時期ですし、スタジオ内は冷房が効いておりますので、地元を離れて一人暮らしをしている方などは、夏休みやお盆に帰省した際に前撮りしてしまうのもおすすめです。

前撮りにおすすめなのは4月~8月!

上記でご紹介した前撮りする時期を決めるポイントをまとめると次のようになります。

  • 豊富な振袖レンタル商品の中から、お気に入りの柄などをしっかりと選べる
  • 写真館も比較的混雑していないので、希望の日時での予約が取りやすく、ゆったりとヘアメイク着付けや撮影ができる。
  • ゴールデンウィークや夏休みなどの長期休暇もあるので、普段忙しい方も時間がとれやすいし、ご家族とも予定が合わせやすい。

以上のことから、総合的に判断しますと前撮りに最もオススメなのは4月~8月となります!

成人式当日に撮影することは可能?

成人式の当日に写真を撮る場合、メリットとしては、ヘアメイクと着付けは一回で済んで楽なコトが挙げられます。ですが実はデメリットもあるのです。当日は様々な予定(お友達との待ち合わせ・式典・同窓会への出席)が集中しますので、撮影の時間が限られていたりして、自分の撮って欲しい思いが伝わらなかったり、納得のいくまで撮影ができないことも起こりがちです。

当日の撮影を行う場合は、式典会場に到着したい時間や、次の予定から逆算してスケジュールを組まれることが大切です。スタジオの予約も早めに行っておきましょう。

成人式当日ではなく前撮りの最大のメリットは、余裕をもって、思い通りの記念写真を残すことができることです。また前撮日に天候が悪かったり、万が一体調が整わない場合には、前撮りならば日程を変更することもできますし、前撮りで振袖を着てヘアメイクすることで、リハーサルも兼ねられ当日のイメージもつかめるため、安心して成人式当日を迎えられます。

成人式の写真はアルバムにする?費用やフォトブックの作り方も解説 ふりそでもりの
成人式の写真はアルバムにする?費用やフォトブックの作り方も解説成人式の写真はアルバムではなく、フォトブックとして残す人も増えてきています。そこで、アルバムとフォトブックの費用の比較やフォトブックの作り方について説明します。...

前撮りは撮影する時期が大切!成人式の1年前くらいから準備を始めよう

前述した通り、成人式の前撮りは4月~8月頃に行うのがおすすめです。

成人式は一生に一度きりの大切な人生の節目のお祝いです。ベストコンディションで最高の記念撮影を行うためにも、1月くらい(成人式の1年前)から、いつ撮影したいのか時期を決めて、早めに予約を入れておきましょう。

神奈川の成人式振袖レンタル&前撮りはふりそでもりのへ

横浜・鎌倉・川崎の成人式振袖レンタル&前撮り【ふりそでもりの】では、正統派の古典柄振袖からモダンな新作着物まで1,200着以上の振袖がレンタルできます。成人式当日の振袖レンタルはもちろん、自社運営スタジオで着付け・ヘアメイク込みの前撮りもできるので成人式の準備ならまとめておまかせ。

さらに、会食付きの家族と祝う成人式プランやママ振袖の持ち込み割引も人気です。

成人式振袖レンタル・写真撮影プラン|ふりそでもりの(横浜・川崎)

正統派古典柄から最新のレンタル振袖
『1200着』を揃える振袖レンタルショップ

ふりそでもりの

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

振袖カタログ・資料請求

この記事を書いた人

ふりそでもりの
ふりそでもりの

成人式振袖レンタル&前撮りの【ふりそでもりの】は神奈川県横浜市に本社を置くモリノブライズ株式会社の振袖・卒業袴レンタル専門ブランドです。婚礼衣装、振袖・卒業袴、七五三衣装など貸衣装を中心に、1950年の創業以来20万組以上のお客様の晴れの日のお手伝いをさせていただきました。
ふりそでもりのでは1,200着以上の豊富なレンタル振袖と自社運営の写真スタジオで、新成人のお客様の一生に一度の晴れ舞台をトータルプロデュースいたします。プロの着付け師・プロのフォトグラファー・プロのヘアメイクアーティストが皆様のお越しをお待ちしております

       バナー画像