ふりそでもりの 成人式振袖コラム
振袖に関するお悩みを解決!お役立ち情報満載のコラムです。
振袖選び

振袖の柄の種類とは?由来や意味を知ってお気に入りを見つけよう

振袖にはさまざまな種類の繊細で美しい文様(模様)や柄があしらわれています。実はその一つ一つに「振袖を着る人が幸せになるように」という想いやおめでたい意味が込められているのです。お祝いの機会に着ることが多い振袖には「吉祥文様」という縁起の良い文様や柄が使われています。成人式を迎えた大切な娘の幸せを願う親の気持ちが表れているのです。ここでは、振袖の定番として使われている柄について、その種類や由来、込められている意味について詳しく説明をします。

振袖の柄には意味がある!種類と意味を知ろう

振袖の文様や柄にはいろいろなものがありますが、ただ美しいデザインが良いというだけではなく、それぞれいわれや由来があります。いずれも、着る人が幸せになるように、という意味が込められているのです。使われている文様や柄の意味を知ることは、振袖を選ぶ際にとても参考になります。自分かどういう成人式を迎えたいのか。デザインや色の好みはもちろんですが、この振袖に決めた理由や意味をしっかりと認識して、一生に一度の成人式というハレの日をお祝いしましょう。それでは振袖の柄の種類や意味について説明します。

振袖の柄の種類

振袖は成人式や結婚式などのお祝いの日にふさわしい未婚女性の第一礼装です。縁起が良い柄があしらわれ「古典柄」「新古典柄」「モダン柄・レトロモダン柄」などに分けられます。それぞれ、どのような柄があるのか説明します。

古典柄

古典柄は伝統的でオーソドックスな柄のことで、成人式などに着る振袖の中でも、最も多く使われている柄です。柄の由来は中国から伝わった文様が日本文化と融合し独特の進化を遂げたのものが多く「亀甲」や「七宝」「青海波」など、一度は見たことのあるはずです。古典柄は、平安時代や奈良時代から日本人に愛されている柄のため、流行にとらわれない魅力、日本人らしい奥ゆかしさを感じさせてくれる柄です。
古典柄には歴史的な伝説、信仰によって守られてきたものもあり、魔除けや厄除けなどの意味も込められているのです。

桜の花柄

日本の代表的な花である桜。八重桜や枝垂れ桜、小桜や桜吹雪の柄など華やかな柄です。春の花である桜には「新しい門出」や「豊かさ」という意味があります。成人式などのハレの日にピッタリの柄です。

橘の木

古代日本の橘は蜜柑を指します。橘は古事記にも登場する日本由来の文様で、長寿を招いて子孫繁栄を意味するおめでたい柄。婚礼衣装にも多く用いられています。

毬、手毬

鞠は色彩もあでやかで丸みのある形から、女性らしさ、可愛らしさを象徴する柄です。どんな困難も丸く収まる、弾むような幸せが続くという意味があります。振袖だけでなく七五三やお宮参りの産着に用いられることも多くあります。

扇、扇面

扇を大きく広げた様子は末広がりになることから「末広」とも言い、繁盛・開運の縁起が良い柄です。扇であおぐ、ということは福を招いたり邪気を遠ざけたりする意味もあります。扇面の中には様々な吉祥文様が描かれています。

御所車、花車

御所車とは平安時代に貴族たちの乗り物だった牛車のことです。古くから、高貴さや典雅さを表すモチーフとして用いられてきています。御所車に花が飾られたものを「花車」と言い、さらに華やかに幸せがあふれ出るという意味を持ちます。

熨斗柄

ご祝儀などに添えられる「熨斗鮑(のしあわび)を文様化したのが熨斗柄で延寿を象徴する柄です。熨斗柄をいくつも束ねたような「束ね熨斗文」という柄もあり、こちらも縁起の良い吉祥柄です。

吉祥文様

吉祥文様(きっしょうもんよう)とは、縁起がいい、めでたいとされている文様のことで、着物だけではなく、伝統工芸品などにもよく使われている文様です。吉祥文様には「松竹梅」「鶴」「亀」「龍」「鳳凰」「打ち出の小槌」「麻の葉」「青海波」など、さまざまなものがあります。

有識文様

有職文様(ゆうそくもんよう)とは、平安時代から、公家の服装などにも使われてきた格式のある文様のことです。代表的なものに「七宝」「亀甲」「花菱紋」があります。「亀甲」や「七宝」は吉祥文様としても広く知られています。

古典柄には、ほかにも「組紐」「雪輪」「貝桶」「流水文様」など、多くの柄があります。

新古典柄

新古典柄とは、オーソドックスな古典柄に色使いやデザイン、洋柄との組み合わせなどを工夫して、流行の要素を加えた柄です。振袖全体に柄がちりばめられている古典柄に比べると、新古典柄は裾や袖だけなど一部分に大きく入っていることが多く、また、裾周りの振袖の色がグラデーションになっているものを多くあります。そのため、古典柄に比べて、シンプルなデザインが多く、大人っぽさを演出してくれる柄でもあるのです。

モダン柄・レトロモダン柄

モダン柄やレトロモダン柄は古典的な要素を入れずに、洋柄のモチーフを取り入れた柄です。「バラ」や「蘭の花」、「蝶」、「椿」といった、あでやかなモチーフが柄になっているほか、ストライプやボーダー、市松模様、チェック、ハート柄などもあります。モダン柄ははっきりした色使い、それよりもトーンが落ち着いたものをレトロモダン柄になります。自由度が高く、見た目もお洒落で個性的なのがモダン柄・レトロモダン柄の特徴となります。

好きな柄で自分の体形に似合う振袖を選ぼう

振袖の柄は古典柄・新古典柄・モダン柄・レトロモダン柄があり、またそれぞれが、いろいろなモチーフを用いているため、本当に数多くの柄があります。それぞれの柄の意味を知れば振袖選びも一段と楽しくなります。
振袖の柄には着る人の体形によっても似合う柄と似合わない柄があったりもするので、振袖を選ぶときには迷ってしまうかもしれません。しかし、同じ柄でも着物の色が違えばイメージは変わりますし、柄の大きさによっても雰囲気が変わります。振袖の柄で気に入ったものがあったら、その柄の着物をいくつか選び、いろいろ試着してみて自分の体形に似合うかどうかも併せてチェックしてみて、お気に入りの一着を見つけましょう。

正統派古典柄から最新のレンタル振袖
『1200着』を揃える振袖レンタルショップ

ふりそでもりの

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求

フリーダイヤル0120-838-808

(営業時間 10:00 – 17:00)

       バナー画像