ふりそでもりの 成人式振袖コラム
振袖に関するお悩みを解決!お役立ち情報満載のコラムです。
成人式の準備

成人式も18歳になる?いつから?横浜市、川崎市の対応は?

民法の改正で2022年4月より成人年齢が18歳に引き下げになりました。これまで20歳以上とされていたことの一部が18歳以上でできるようになります。そこで気になるのが「成人式」です。成人式については明確に法律で定められているものではないため、自治体によって対応がさまざまです。そこで、成人年齢が18歳に引き下げになることで変わること、変わらないこと、そして成人式についての各自治体の対応、横浜市と川崎市の対応について説明いたします。

2022年4月から成人年齢が18歳になる

2022年4月1日から成人年齢が18歳になります。選挙権については2016年にすでに18歳以上と法改正さえていますが、民法上でもこの4月から成人年齢が18歳に変わります。これによって2022年4月1日以降に18歳以上になられた方は新成人となります。

成人年齢が18歳になることで変わること

成人年齢が18歳に引き下げになることで、以下のような変更があります。

親の同意がなくてもできるようになることがある

大きな変更点の1つは、一人で契約が行えるようになることです。
携帯電話の契約、クレジットカードを作る、一人暮らしの部屋を借りるなど

10年有効のパスポートを取得できる

国家資格を取れるようになる(公認会計士、司法諸費、医師免許、薬剤師免許など)

医師については6年間学ぶ必要がある大学の医学部を修了しないと国家試験を受験できないため、現実的には18歳で資格を得るのは難しいとされています。

結婚年齢が変わる

これまで女性は16歳、男性は18歳でしたが、男女ともに18歳になります。

性同一性障害の人が性別の取り扱いの変更の申し立てができる

裁判員に選ばれるようになる年齢も20歳から18歳に引き下げられる

今年の候補者にはすでに通知が発送されているため実際に18歳以上の人が選ばれるようになるのは来年以降になります。

日本と外国、両方の国籍を持っている人の国籍選択も18歳を基準に期限が定められる

成人年齢が18歳になっても変わらないこと

成人年齢が18歳に引き下げになっても、これまで20歳になったら認められていたことがすべて18歳でできるようになるわけではありません。

  • 飲酒や喫煙
  • 競馬、競輪、オートレース、競艇の公営ギャンブルの投票券(馬券など)購入
  • 養子を迎える
  • 大型や中型自動車免許の取得
  • 国民年金に加入する義務が生じる年齢も20歳以上のまま

参考:政府広報オンライン「18歳から“大人”に!成年年齢引下げで変わること、変わらないこと。」 

2023年から成人式も18歳に変更になる

成人式については法律による決まりはないため、各自治体の判断になります。成人式の年齢が18歳になった場合、2023年の成人式は18歳、19歳、20歳の3世代を同時に行うのかという課題があります。法務省が実施した、日本全国の自治体へのアンケートでは、18歳で成人式を行うとしたのは北海道の別海町、三重県の伊賀市の2自治体のみで、成人式の時期を回答していない市区に関しては未定でありました。恐らく他の市区も20歳での成人式が行われるのではないでしょうか。

参考:
法務省「令和4年1月 成年年齢引下げ後の成人式の実施に関するフォローアップ調査
法務省「各市区町村ごとの対象年齢

18歳で成人式を行うことのデメリット

18歳で成人式を行うことには、下記のようなデメリットが考えられます。

大学や専門学校など進学のための受験や就職活動の最中に成人式が行われる

18歳で成人式を行うことになると、受験シーズン真っ只中である高校3年生の1月に成人式を行うことになります。また高校卒業後、就職を考えている人にとっては就活のシーズンと重なってしまいます。

受験や就職活動に加えての経済的負担が増える

受験の場合は受験料、入学金、授業料など費用がかさむ時期ですし、就職の場合もスーツや新生活の準備などがあるため経済的負担が増加するでしょう。

上記2点の理由から成人式への出席率が下がることが考えられます。

横浜市の2023年の成人式は?

横浜市では、2023年以降も引き続き、20歳を対象として成人式を行う旨を発表しています(2022年1月現在)。理由として、市民のアンケートで「今までどおり20歳を対象として実施すべき」という回答が多かったこと、18歳にすると、受験や就職活動の時期と重なり出席が難しくなることなどを挙げています。

参考:横浜市「二十歳の市民を祝うつどい

川崎市では?

川崎市でも協力団体や中高生を対象にアンケートを実施した結果、飲酒・喫煙など年齢制限がなくなる区切りの年齢が20歳であることや、18歳の多くが高校3年生であり、大学受験や就職の準備等で多忙な時期でもあるということで、式の名称を「川崎市20歳を祝うつどい」として、2023年度以降も20歳を対象に成人式を執り行う予定です。

参考:川崎市「令和4年(2022年)度以降の「川崎市成人の日を祝うつどい」について

2024年、2025年、2026年に成人式を迎える人は引き続き情報収集を!

現在のところ多くの自治体では引き続き20歳で成人式としていますが、今後変更となる可能性も無いわけではありません。現実的には18歳から20歳の3世代で一斉に成人式を執り行うとなると、3世代が入ることのできる市区の式典会場があるのかどうか。その受け入れや準備の問題があると思います。
振袖や紋服男袴のレンタルや当日の着付・ヘアメイク、写真撮影などの予約も殺到し、一人ひとりの希望に沿った成人式を迎えることが難しくなる可能性もあります。
これから先の、特に2024年から2026年に成人式を迎える予定の人は引き続き情報収集をしていくことをおすすめします。

正統派古典柄から最新のレンタル振袖
『1200着』を揃える振袖レンタルショップ

ふりそでもりの

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求

フリーダイヤル0120-838-808

(営業時間 10:00 – 17:00)

       バナー画像