ふりそでもりの 成人式振袖コラム
振袖に関するお悩みを解決!お役立ち情報満載のコラムです。
振袖選び

振袖の重ね衿とは?選び方は?種類や選び方のコツを紹介

振袖は小物をコーディネートすることで更に素敵に着こなすことができます。その一つが「重ね衿」です。振袖らしい華やかさと可愛らしさを演出するためにはぜひとも付け加えたいアイテムです。この記事では重ね衿とは何か、その役割について、そして重ね衿の選び方について解説します。振袖コーディネートを考える際の参考にして下さい。

重ね衿とは?

重ね衿とは振袖を着た首元を華やかに見せる、豪華に見せるためのもので別名を「伊達衿(だてえり)」とも言います。

かつては、和服の礼装は十二単(じゅうにひとえ)のように、何枚も着物を重ね着する習慣がありました。これには「幸せが何重にも重なりますように」という願いが込められています。現在では振袖のような礼装であっても略式で重ね着はしませんが、何枚も着物を重ね着しているように見せることが風習として残っているのが「重ね衿」なのです。

重ね衿を付けると顔周りから上半身が華やかに見えるので自分にはどんなものが似合うのかとコーディネートしてみましょう。

半衿と重ね衿は何が違う?

振袖を着るときには重ね衿のほかに「半衿」と呼ばれるアイテムもあります。

半衿は巾16㎝、長さ110㎝程度の大きさで、長襦袢の衿部分に縫い付けて使用する生地のこと。その役割は汗やファンデーションから着物の首元・衿周りを汚れから守ることです。

衿元からちょっと見えるため、現代ではお洒落アイテムの一つとして様々なものがあります。重ね衿は、この半衿と振袖の間に入れて使用するもののことです。

重ね衿の付け方

一般的な重ね衿は長さが120~130cm、幅が10~12cm程度(または5~6㎝)の長方形のサイズになっています。
振袖を着用する際には、クリップなどで留めることもできますが、着崩れやすくなるので、できれば振袖に縫い付けるのがいいでしょう。
重ね衿の付け方の手順は下記のとおりです。

重ね衿を付ける手順
  1. 重ね衿を縦半分に折り(元々5㎝程度のものはそのまま)、中心と振袖の背中心をあわせる。
  2. 重ね衿を5㎜ほど、振袖の内側に入れる。
  3. 重ね衿の中心と振袖の背中心から左右5cmほど離れたところをクリップで留めるか縫い付ける。

振袖に針を刺したくない、レンタルで傷を付けたくないという場合は重ね衿を長襦袢に縫い付ける方法もありますが、着崩れたり、重ね衿が必要以上に出てきたりしまうことがあるため、できれば振袖に縫い付けると良いでしょう。

重ね衿の選び方

重ね衿は、見た目もお洒落で華やかになるため成人式の振袖ではアクセントとなるコーディネートアイテムです。さまざまなデザインやカラー、素材のものが揃っています。どんな重ね衿を選べばいいか迷われる方も多いと思いますので、以下選ぶポイントについて説明します。

振袖の色にあわせる

重ね衿の選び方の王道はやはり、振袖の色にあわせることです。その際、振袖と同系色を選ぶか、差し色を選ぶかでイメージがかなり変わります。

振袖の色と同系色の重ね衿を選ぶ

振袖と同系色の重ね衿襟を選ぶと、全体的に落ち着いた大人っぽい印象になります。振袖が赤やピンクなど暖色の場合は、同系色で色の濃淡を変えた重ね衿を選ぶと、全体的に落ち着いた印象になります。青系や緑系、黒など寒色系の振袖の場合は、同系色で選ぶと顔周りがくすんでしまうので、同系色はおすすめしません。

振袖の色の差し色になる重ね衿を選ぶ

振袖の差し色になる重ね衿を選ぶと、全体的に引き締まった印象になります。例えば、赤やピンク、黄色などの暖色系の振袖の場合は、ブルーや緑、着物の柄によっては黒の重ね衿を選ぶと、重ね襟の色がアクセントとなり、振袖の色が引き立ちます。ブルーや緑系、黒など寒色系の振袖の場合は赤やピンク、黄色の重ね衿を付けることで華やかさが加わります。

振袖の柄から選ぶ

なかなか思うイメージの重ね衿の色が選べないという場合は、振袖の柄に使われている色から選ぶという方法もあります。柄の中から選べば、全体的な統一感が生まれます。重ね衿に限らず、草履やバッグ、髪飾りなどを選ぶときにも、迷ったら振袖の柄を参考にするのは振袖・着物をコーディネートするときに基本になりますから覚えておきましょう。

ディテールや素材で選ぶ

重ね衿を選ぶ際には色だけではなく、ディテールや素材に注目すると、モダンな雰囲気やシャープなイメージ、かわいらしさをプラスすることができます。

パールやレース、フリル付き

重ね衿の縁に小さなパールを並べたデザインはパールの大きさなどでも印象が変わります。レースやフリルが付いているものは、女性らしさやかわいらしいイメージになります。

つまみ細工などの飾り付き

つまみ細工とは、ブローチのように花飾りなどを付け加えることで、顔周りにアクセントをプラスすることができます。梅やバラなどの花や蝶、リボンなどをモチーフにしたものが多く、また、1つだけだったり、いくつか並べていたりと、さまざまな趣向のものがあります。着物の柄と似たものを選んだり、髪飾りとおそろいにしたりすると、コーディネートの幅がぐんと広がります。

せっかく振袖を着るならディテールにもこだわりたい!

重ね衿は振袖の衿元を華やかに、そしてお洒落に演出してくれるアイテムです。振袖のテイストに合わせて様々なものがでています。パール付き、レース、ベロア素材、ラメ、ストーンなど。お気に入りのものを見つけてディテールにもとことんこだわってください。また半衿もデザイン性が高くかわいいものもたくさんありますので、振袖・重ね衿・半衿のバランスを見ながら、一生に一度の成人式、あなただけのトータルコーディネートを思いっきり楽しみましょう。

正統派古典柄から最新のレンタル振袖
『1200着』を揃える振袖レンタルショップ

ふりそでもりの

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求

フリーダイヤル0120-838-808

(営業時間 10:00 – 17:00)

       バナー画像