ふりそでもりの 成人式振袖コラム
振袖に関するお悩みを解決!お役立ち情報満載のコラムです。
着付け・ヘアメイク

振袖のメイクはどうしたらいい?セルフメイクのポイントをチェック!

成人式で振袖を着たときのメイクは、ヘアメイクで頼むのが一般的ですが、自分でメイクをすることもできます。ですが、振袖に合うメイクは普段とは違います。そこで、振袖に合わせたメイクのポイント、自分でメイクをするメリットとデメリット、また、ヘアと一緒にプロにお願いするメリットとデメリットを併せて紹介する記事であることを説明します。

振袖を着たときにセルフメイクをするメリットとデメリット

振袖を着たときのメイクは美容室などのサロンで美容のプロにしてもらうのがいいのか、自分でした方がいいのか、悩んでいる方も多いと思います。ここでは自分でメイクをした場合のメリットとデメリットを紹介します。

セルフメイクのメリット

美容室やサロンで美容のプロにメイクをしてもらう機会はそれほど多くないですし、着付けやヘアとセットでお願いした方が便利で安心、という方もいることでしょう。
一方で、プロにしてもらうには費用がかかります。実際にセルフメイクの場合、コストカットを含めたメリットとしては次の点が挙げられます。

メイク代がかからない

セルフメイクの場合、自分ですべて行うためメイク代はかかりません。持っているメイク道具を使えば費用は0円におさえることも可能です。成人式は振袖の準備や写真撮影、同窓会などでも費用がかかるため、少しでも予算を抑えることができます。

自分の肌に合ったメイク用品を使うことができる

自分のメイク道具は自分の肌に合ったものであるため安心であることもメリットの一つ。「自分に合うか合わないか、もし合わなかったらどうすればいいの」という心配がありません。また自分のメイク道具なら自宅で事前に何度も練習ができます。

自分の顔に合うメイクは自分自身がよくわかっている

プロにメイクをしてもらった際、意外と「あれ、思っていたのと違う…」ということがあります。セルフメイクならば自分の肌質や似合う(好きな)メイクを知っているので思った通りのメイクが可能です。

セルフメイクのデメリット

一方で、自分で振袖のメイクをする場合はどんなことに注意が必要なのでしょうか。セルフメイクのデメリットについて知っておくことも大切です。以下説明していきます。

普段通りのメイクだと振袖に合わない

「振袖に合ったメイクってどんな感じなのだろう」

振袖を着る機会は決して多くないため、どのようなメイクが似合うのかわからない方が多いと思います。プロならば客観的には「振袖に合うメイク」を施してくれます。

特に成人式の当日は朝からバタバタして落ち着いてメイクをする時間がない

成人式の当日はスケジュールがたくさんあるため意外にバタバタします。落ち着いてメイクに集中できる時間がとれなくなることも。事前にイメージと練習は必ず行っておきましょう。

振袖メイクのポイント

「振袖を着た時、どんなメイクにしようか」と今からアレコレと考えるのは本当に楽しいですね!
まず知っておきたいのは、華やかな振袖を着た時は普段とは違ったメイクが必要、ということです。振袖メイクにはいくつか押さえておきたいポイントがありますので、以下紹介していきます。

1. ベースメイクはマットに

和装には平面的なメイクの方が似合うので、振袖を着た時のメイクは立体感を出さないことがポイントになります。ベースメイクはマットからセミマットにして、ハイライトやシェーディングなどは使わない方が良いです。全体的にのっぺりとした感じに仕上げます。イメージは日本人形です。

ベースメイクのポイント

  • 肌のツヤをよく見せるよりも、シミや毛穴のない滑らかさが重要
  • 化粧崩れしないよう下地もしっかり使い透明感を出す
  • 特に髪を結いあげる場合は、耳や首元との際が目立たないようになじませる

2. リップは濃いめにキリっと見せる

リップは振袖に負けないようにキリっとした口元を作るのがポイントです。そのためにはナチュラル系ではなく、華やかな色を選ぶのがおすすめです。今っぽく仕上げるなら縁取りせずにシアー系をラフに塗るのがおすすめですが、レトロ系やママ振りの方などは、きちんとリップラインを取ってマット系をリップブラシでしっかり塗ると和装らしく仕上がります。

3. アイメイクはハッキリと

眉と目はハッキリと目立たせるようにメイクをします。眉は薄すぎず、細すぎないように。また、アイラインも強めに入れることで、切れ長で振袖に合う目元を作ることができます。まつげはビューラーでしっかり上げて、マスカラは上下にたっぷりと。上まつげはまつげエクステやナチュラルなつけまつげもおすすめ。ポイントは、振袖の華やかさに負けない目元を作ること。カラーコンタクトなどを使用するのもいいかもしれません。アイシャドウはナチュラルな王道ブラウンが◎。ワンポイントで振袖の色を入れてあげるのも華やかです。

一重の人は目尻にカラーシャドウを入れるなどして切れ長に見せる

一重の人は目尻にカラーアクセントを置くことで目元を強調して切れ長メイクを演出すると良いでしょう。目尻を長めに少し跳ね上げるようなアイラインもおすすめ。マスカラも使って、目元を華やかに。一重の人はクールで個性的な、カッコ良いメイクがよく似合います。

二重の人は下まぶたの際を強調する

二重の人はもともと目元がはっきりしているので、やりすぎには要注意。アイラインやアイシャドウはあまり濃くなりすぎないよう明るめのブラウン系がおすすめです。下まぶたの際にもアイシャドウを入れると、目の縦幅が強調されて目力がアップします。

奥二重の人はまつ毛を強調する

奥二重の人が目をパッチリ見せるためには、まつ毛の隙間を埋めるような細いアイラインが大切です。まつ毛はビューラーでしっかり上向きにし、ロング系のマスカラがおすすめ。
またアイシャドウは、目の際から自然にグラデーションを入れることで雰囲気のある目元に。肌なじみのいいベージュ系のラメやパール入りアイシャドウを上手に使って、まぶたを立体的に演出すると◎

4. チークはナチュラルに顔色を良く見せる

アイメイク、リップがしっかりしている分、チークは顔色を良く見せる程度に軽めに入れます。これでチークも濃くしてしまうと、幼く見えてしまいますし、顔全体がメリハリのないぼんやりしたイメージになってしまいます。

5. 全体の統一感を意識する

振袖を着たときはメイクだけではなく、髪形も意識してメイクをすることが重要です。また、メイクのカラーは振袖の色に合わせると全体に統一感が出ます。例えば、赤・ピンクなど暖色系の振袖には同じく赤・ピンク系のアイシャドウやリップが映えます。青や緑、紫などの寒色系の振袖には、くすみ系のピンクやグレーなど、シックなカラーがマッチして上品で洗練されたイメージになります。

成人式の前撮りでメイクはどうする?自分で行う場合のポイントを紹介成人式の前撮りで、メイクを自分で行うか、プロにお願いするか迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで、自分で行う場合・プロにお願いする場合それぞれのメリット・デメリットを紹介し、メイクを自分で行う場合のポイントを解説します。...

振袖メイクをプロに任せるメリットとデメリット

振袖を着たときはやっぱりプロにメイクをしてもらいたいという人もいるでしょう。髪型のセットと一緒にメイクをしてもらうことで統一感も出しやすくなります。ここで改めて、振袖メイクをプロに任せるメリットとデメリットを紹介します。

振袖メイクをプロに任せるメリット

振袖メイクをプロに任せるか、セルフメイクにするかお悩みの方も多いのではないでしょうか。後で「こうすればよかった」と後悔しないためにも、ここではプロに振袖メイクをお願いした場合のメリットについて説明します。

写真映えするメイクをしてくれる

プロはその技術力の高さ、そして時間の正確さがメリットです。経験豊富なメイクさんがしっかりと下地から作ってくれるのでメイクの持ちもよく、写真映えするメイクを知り尽くしていますので安心です。

自分では気が付かなった似合う色やメイク方法を教えてくれる

美容室でもサロンでも、「こうしたい」というあなたのイメージに寄り添ったカタチで、振袖のイメージに合うように仕上げてくれます。プロのメイク方法や「こんな色、あたしに似合うんだ」という発見ができるのもプロにメイクをお願いする大きなメリットといえます。

振袖メイクをプロに任せるデメリット

振袖メイクをプロにお願いする場合、「やっぱりセルフメイクにすればよかった」と後悔することのないように、プロのメイクを利用する際、あらかじめ知っておくべきデメリットについて以下説明します。

費用がかかる

メイクにかかる料金は、地域差もありますが大体は4,000~6,000円。ヘアや着付けとセットになっていて割引になるところもあるようです。それでもセットで2万円~3万円程度はかかります。

肌に合わない化粧品を使っている可能性がある

プロのメイク道具はプロショップのもので多くの方に合うような道具を使用していますが、その道具や質感・カラーなどがあなたに合う合わないということも無いわけではありません。

自分の好みに合わないメイクになってしまう可能性がある

服装と全く違う振袖ではメイクもそれに合わせて行うのが一般的です。ただし和装メイクの技術を備えたプロであっても、希望やイメージを伝えきれず、自分らしくなくない仕上がりや、好みと違うメイクになる可能性もあります。

振袖に合ったメイクを知ってセルフメイクをしてみよう

振袖を着る機会といえばやはり成人式ですが、それ以外にも着る機会はあります。振袖メイクを自分でできれば、着用中の化粧直しも自分でしやすくなるでしょう。何より、自分の肌に合った化粧品で自分好みのメイクができれば気持ちも上がります。振袖を着る機会は少ないかもしれませんが、ぜひ、ご自身の振袖とご自身の肌に合ったメイクを覚えてみてください。

人生の節目でもある成人式の機会に、普段とは違うメイクに挑戦してみるのも素敵です。
成人式当日まで数回練習をしておくことで、自分に似合うメイクとコツもつかめるようになります。

正統派古典柄から最新のレンタル振袖
『1200着』を揃える振袖レンタルショップ

ふりそでもりの

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求

フリーダイヤル0120-838-808

(営業時間 10:00 – 17:00)

       バナー画像